固定資産税 兄弟 払わない

もしかしたら相続した実家の固定資産税を他の兄弟が払わないせいで役所から督促状が雄郎されてきたのではありませんか?

他の兄弟がどうして固定資産税を払ってくれないのか?
いちど冷静かつ客観的に考えてみませんか?
固定資産税はさほど大きな金額ではないことが多いですが、それが10年20年も続くと積もり積もった金額は相当なものになります。
お金の話を他の兄弟たちにしにくいのはよくわかりますが、それではいつまで経っても解決はしません。

実家の固定資産税を他の兄弟たちが払わないのは?

固定資産税 兄弟 払わない 理由

相続した実家の固定資産税をどうして他の兄弟たちは払わないのでしょうか?

それにはいくつかの事情や理由があるかもしれません。

高齢で収入がないから

固定資産税なんか払えるもんが払えばいい!
ひょっとしたら固定資産税を払わない兄弟はそう考えているのかもしれません。
実家を相続するのはおそらく60歳から70歳くらいの方が多いです。
そうするともう仕事は定年退職して年金だけの生活になっているかもしれません。
そうするとたちまち生活は苦しくなってきてしまいます。

実家の固定資産税や都市計画税はそんなに大きな金額ではありません。
それほど大きな実家でもなければ、年間10万円ちょっとくらいだと思います。

ですから2人で分担すれば年間5万円ちょっと、3人ならば年間3万円ちょっとです。
固定資産税を払わない兄弟からすれば
それくらいかまわないだろ
ということになります。

でも、これが10年20年となってくると積もり積もった不公平な固定資産税負担がウン十万円となってきてしまうのです。

自分には関係ないと思っているから?

相続した実家の固定資産税のことなんて知らないのかもしれません。
固定資産税や都市計画税の請求は代表の方に納付書が送られてきます。
ですから他の兄弟たちは、そもそもその固定資産税のことなど知らない(知らないふり?)をしているのかもしれません。

また他の兄弟たちと分担しあうとしても、ひとり当たりわずか数万円。
わざわざそれをいちいち他の兄弟たちに催促するのも気が引けますよね。
ですから、ずっと固定資産税や都市計画税など実家にかかる税金はだれかがずっと負担し続けてきたという方も多いです。

遺産相続の話をずっと曖昧にしてきたから

実際はこのケースが一番多いように思います。
遺産相続の話、つまり「お金」の話を兄弟たちでするのはなかなかタブーになっていることがよくあります。

でも、いつかはそれもきっちりと話し合いをしなければいけない時期がやって来ます。

それが今なのかもしれません。

なぜなら、あなたがこのままずっと実家の固定資産税を払い続けておくことが津r択なってきているからです。

他の兄弟たちにも固定資産税を払ってもらうためには、これは避けられないのです。

実家の固定資産税を払わないとどうなる?

固定資産税 滞納 差押

他の兄弟たちが固定資産税を払わないのなら、もう私も払いたくない。
そんな愚痴をぼやきたくもなりますが、そうはいかないのです。

固定資産税を払わないで滞納していると、滞納分に延滞金がかかってきます。
また最終的には課税対象の不動産が差し押さえられて競売にかけられてしまうことになります。

競売になってしまうと普通の売却ではないので、かなり市場価格よりも安く売却されてしまいます。

もし、事情があって固定資産税や都市計画税が払えない場合は役所に相談すると猶予や減免が受けられることがあります。
※もちろんそれなりにお事情の説明が必要になります。

他の所有者に固定資産税などの督促状が届く

固定資産税などを滞納していると今まで代表者だけに郵送されていた請求書(督促状)が他の相続人に届く場合があります。

【住んでもいない家の固定資産税の請求がきた】

「自分の分だけの固定資産税を払えばいい」という論理が通じないので話がややこしくなりますよね。

最近の固定資産税滞納の差押は早くなってきた

少し前までは固定資産税などの滞納から差押登記までの期間は結構長かったです。
しかし、最近は役所もその差押の手続きもかなり早くなってきました。

知らない間に「差押登記」がされて、最悪競売にかかってしまう可能性もあるので気を付けてください。

固定資産税を他の兄弟たちが払わないなら解決策は「売却」しかない

固定資産税 払わない 兄弟 話し合い

実家の固定資産税を払い続けている理由はなんですか?

もしかしたら他の兄弟がその実家の住み続けていて、その兄弟が固定資産税を払えなくなったのかもしれません。
しかし、遺産分割協議を行って相続登記を完了させていないとその実家は以前相続人で共有している状態とみなされます。
ですから、「私にはその固定資産税なんか関係ない!」という言い訳はできないのです。

あるいは、
親の住んでいた実家をそのままにしていたい
とまだ親を亡くした悲しみが癒えていないからかもしれません。

しかし、それではいつまでもこの
固定資産税を他の兄弟が払わない
という問題から逃げることはできません。

そろそろ実家の売却も決断しなければいけないかもしれない

今のままの状態からスッキリ清算するには、
・他の兄弟の誰かひとりの名義に変える
・実家を売却して清算する
しかありません。

しかし、それほを大きな金額でもない固定資産税すら払えない兄弟ですからだkれ墓ひとりの名義に変えることも難しいかもしれません。

そろそろ実家の言売却の話を他の兄弟たちを話し合ってみませんか?

なかなかあなたのほうから言い出しにくい気持ちがよくわかりますが、それは避けてが通れない道なのです。

まずは実家がいくらで売れるのか?調べてみるのもいいかもしれません

固定資産税を払わない兄弟たちとの話し合いに臨む前に
実家がいくらで売れるのか?
を調べておくのもおすすめです。
なぜなら、固定資産税すら払ってくれない今日だった地を説得すrには「お金」の話は避けられないからです。
実家の売却値段を調べるのなら、こちらのサイトが簡単で便利です。


兄弟たちのと話し合いの前に実家の売却値段を調べておきませんか?

\実家の売却価格を調べるのに便利/
【イエウール】売却一括査定依頼サービス