実家の空き家をどうする
いつもあなたの頭の片隅に浮かんでは無理やり打ち消してているかもしれません。
空き家の実家の問題を解決するには
片付けも大変
他の兄弟たちとの話し合いも大変
だからです。
なにもあなたが率先して空き家の実家をどうにかしようとしても「骨折り損のくたびれ儲け」になることは目に見えています。
言い出しっぺが一番損をするのも空き家の実家の問題です。

しかし、このまま見て見ぬふりをして放置していると、いずれそれは大きな問題となってきます。

次世代のあなたの子供
実家のまわりのご近所さん
もう本当にに大迷惑になるんです。

放置された空き家でご近所さん大迷惑

放置された空き家の実家
数十年後には次世代や次々世代の孫やひ孫はその存在すら知らないことでしょう。
しかし、それで責任が回避できるわけではありません。
火災になったり倒壊してまわりに被害を与えて時にはその損害賠償問題も考えられます。

ですから、空き家の実家をどうする?は今の世代で解決しないといけない問題なのです。

実家の空き家どうする?維持費の負担もキツくないですか?

実家 空き家 維持費

実家が空き家でも、その維持費は負担しなくてはなりません。
毎年で考えると何とか払え婦負金額でもありま、線が、これが10年20年と続くとその金額位はとても大きな無駄となります。

重くのしかかる空き家の実家の維持費

・遺品整理
・他の兄弟たちとの話し合い
いろいろ考えるだけで憂鬱になりますよね。

このまま空き家の実家の維持費をを負担し続けるか?
それとも
解体したり売却したりして空き家の維持管理から解放されるか?
それはあなたの決断ですが、あまり時間は起こっていないことだけは知っておいてください。

なせなら、今のあなたには
体力気力がまだ残っている
他の兄弟たちとも話し合いができる関係が続いている
からです、

これが十数年後なら
もうあなたに体力気力は残っていない
他の兄弟が亡くなったら甥や姪(あるいは従兄弟同士)で話し合い相談をしなければならない
のです。



実家の空き家をどうする?片付けや遺品整理も大変だ

実家の片付け 大変

空き家の実家
きっと亡くなった「両親が住んでいた状態のままだと思います。
今でもまだ亡くなった両親がそこに住んでいるような気がしませんか?

そんな気持ちのままで空き家の実家の片付けなんてとても辛いですよね?

でも、いつかはやらないといけません。
親を亡くした子供たちみんなそれを乗り越えていっているのです。

実家の片付けをしていたら涙が出てきた

空き家の実家を「処分する」「解体する」にしても片付けは必要

いつかは空き家の実家もなんらかのことをしなければなりません。
それは秋の実家の売却処分や解体工事かもしれません。
でも、売却処分するにしろ解体工事をするにしろその前に空き家の実家の片付けは必要なんです。

解体前に片付けが必要な理由



空き家の実家をどうする?解体工事の費用をどうする?

実家 解体

いつ倒壊してもおかしくはない?
空き家の実家はそんな状況ですか?

そのままでは倒壊して怪我人でも出たら大変です。
そんな危険な空き家は早めに解体したほうが得策です。

しかし、空き家の実家の解体費用はかなりまとまった金額になります。
それをどう捻出するか?
かなり頭の痛い問題でもあります。

木造住宅の解体費用
坪当たり3万円~4万円程度
鉄骨造住宅の解体費用
坪当たり4万円~5万円程度
鉄筋コンクリート造住宅の解体費用
坪当たり5万円~6万円程度

ちょっとしたお家でも軽く百万円は超えてきますからね。

このあたりは他の兄弟姉妹たちともしっかりと話し合っておかなければなりません。


実家の空き家をどうする?売却処分という選択

実家 空き家 処分
相続した空き家の実家の売却処分
意外と大変なことも多いのです。

お金の話を他の兄弟姉妹たちと話し合う

ここでよくある問題は
実家の空き家を売却処分したお金をどうくぁるか?
です。
子供は法律でみんな平等な相続する権利が保証されている?
そんな勘違いをされている方も少なくありません。

確かに法定相続割合は子供たちはみんな同じです。
しかし、相続の手続きは相続人全員の合意と署名捺印が必要になります。
誰かひとりでもそのお金?分け方に不満があって反対したら?
もう秋鵜あの実家は売却処分できません。

法定相続割合という同じ金額の分けるのは納得できない?

もしあなたが親の介護を一生懸命kしてきて
3000万円で実家が売却処分できそうなので兄弟姉妹3人で1000万円ずつ分ける
ということに納得できますか?
いくら「お金が履いてくるからといって、それでは今までの苦労がまったくの「骨折り損のくたびれ儲け」のような気がして納得できないのではないでしょうか?

このあたり、たとえ兄弟であってもいなかなか本音を伝えることも難しく
結局
「実家の売却には反対」
という答えでお茶を濁す方が少なくないのです。

親の家だと思っていたら祖父名義だった

あなたの親が相続登記をしていなかった・・・
これ、意外とよくあある問題です。

登記簿を調べたらおじいちゃんの名義のまま
これだとまず祖父名義から相続人の誰かの名義に変えないといけません。
空き家の実家を売却してそのお金を分ける話し合いをしていた子供たちからすれば、まさに青天の霹靂です。
実家の売却に叔父さんや叔母さん(または従兄弟や従姉妹)とも相談しなければならないのです。

まずは実家の売却話はおおやけにせず、祖父名義から子供たち名義にすることを話した方がいいかもしれません。

とりあえずは実家の登記情報くらいは調べておきましょう。

権利証と親の実印があってもい何の意味もありません。



実家の空き家をどうする?まだ決断できないからもう少し時間が欲しい

空き家 実家 寂しい

実家の空き家をどうするか?
これは決して簡単に決断できる小野ではありません、

親を亡くしたか悲しみからの心の整理
生まれ育った実家がなくなってしまう寂しさや悲しみ
他の兄弟たちとの意見調整

いろいろな事情や理由があると思います。

ただ、いずれはこのことは裂けては通れない道出るとは忘れないでください。

実家の空き家をっどうするか?
決断するためには、時期やタイミングも重要です。