一人っ子 実家 どうする

一人っ子が親を亡くした後は大変です。
親を亡くした親ロス
実家の片付け
実家の売却

みんな自分ひとりでやらなければなりません。

そして多くの一人っ子は相続した実家のことから目を背けています。
まだ親を亡くした悲しみが癒えていないから
田舎の実家。どうにかしなければいけないけれど、何から始めたらいいかわからない
まあ、そんなに急ぐことじゃないし
そんな言い訳を自分自身にしていませんか?

空き家の実家は人が住んでいないとあっという間に痛んできてしまいます。
数年も経てば雨漏りや床が腐りかけているかもしれません。
庭に生い茂った雑草からの害虫でご近所さんが大迷惑しているかもしれません。
また年単位でみれば十数万円の固定資産税ですが、それも10年も経てば百万円単位になってしまいます。

なにより一人っ子のあなたに「実家をどうする?」と考えて行動する気力や体力が残っているのはもう今だけかもしれません。

そろそろ「一人っ子は実家をどうするか?」を本気で決断する時期だと思います。

一人っ子の親ロスはどう乗り越えるべきか?

一人っ子 親ロス
一人っ子が親の死を受け入れるのは簡単ではありません。
兄弟や姉妹がいればみんなでその悲しみを負担しあえますが、一人っ子ならばそれをすべて自分ひとりで背負わなければならないのです。
親の介護の大変さ
医師からの余命宣告の辛さ
葬儀や死語の手続き

それはそれは大変だったことでしょう。

それななの追い打ちをかけるかのような実家の問題です。
もうそんな気力なんて残っていなくて当然です。

一人っ子が親ロスから立ち直るために

一人っ子は親ロスから立ち直るのは簡単ではありません。
でも、それはいつか乗り越えな蹴ればいけない壁なのです。

あなたは一人っ子なのによく頑張りました

きっと親を亡くしたあなたは
「もっとこうしてあげればよかった」
と後悔ばかりしているかもしれません。
でも、あれ以上のことはもうできなかったはずです。
それは一人っ子でなくても、みんなそう思っているのです。

【小藪さんのオカンの死で後悔したこと】

思い切り泣きましょう!悲しみましょう!感情なんか抑え込まずに

まわりに頼れる人がいない一人っ子だからこそ、気丈に振り舞わなければなりません。
親の介護から看取り、そして慌ただしく終わった葬儀。
決して思いっきり泣いて悲しむことなどできなかったことでしょう。

感情を心の奥深くに抑え込んでいると、いつまでも前に進めません。

亡くなった親の写真を見ながらでも
思い出の品を使いながら
思いっきり泣き、悲しみましょう。

本当に涙が枯れるくらい泣いたなら、意外とスッキリするものですよ。

そして
「父さん、母さん あの家 そろそろどうにかするよ」
と天国の親に伝えたら
迷惑かけてすまんな。よろしゅう頼むわ
ときっとお父さんお母さんはそう答えてくれることでしょう。

一人っ子は実家をどうする?片付けは身内に協力要請or業者丸投げがおすすめ

実家の片付け 一人っ子

実家の片付けで一人っ子ならさらに大変です。
なぜなら一人っ子だからこそ片付けだけでなく親を亡くした悲しみも一人で背負わなくてはいけません。

一人っ子の実家を片付けは涙が止まらなかった

ですから一人っ子だからこそも実家の片付けから逃げ出したいものです。
でも、いつまでも実家の片付けから逃げ続けることはできません。

そんな辛い一人っ子の実家の片付けだからこそ
①叔父や叔母など身内の誰かに協力要請をする。
②片付け業者に丸投げする。
③そのまま売却しちゃう。

というのもおすすめです。

一人っ子の実家の片付けは叔父や叔母など身内に協力要請する

実家の片付け 一人っ子 叔父 叔母
実家を片付けたいのですが、辛くてひとりで実家の中にまだ入れません
まだまだ親を亡くした悲しみが癒えていない一人っ子の悲痛なご相談ももあります。
実家の中はそれこそ今でも親がそこにいるような状態であれば、実家に入るだけで親を亡くした悲しみがフラッシュバックしても仕方ありません。
そんな時には誰かが一緒にいてくれるだけでその辛さもいくらか軽減できます。

そこで一人っ子の実家の片付けでおすすめは身内の誰かに一緒に居てもらうことです。
自分の子供でもいいですが、実家の片付けに学校や仕事を休ませてまでは気が引けますよね。
それに今の子供が素直に協力してくれるかわかりません。
まして実家が遠方にあればなおさらですよね。

一人っ子の実家の片付けで協力要請するのは叔父や叔母が最適

一人っ子の実家の片付けで味方につけたいのが叔父さんや叔母さんたちです。
なぜなら亡くなった親との関係性が孫よりもずっと深いからです。

おすすめの切り出し方は「形見分け」を口実にするのはいかがでしょうか?

叔父さん、叔母さん。そろそろあの実家を片付けようかと思っているんだけど、なにか叔父さんや叔母さんたちに受け取って欲しい物があるかもしれないから一緒に見てくれない?

そんな形見分けの呼びかけなら叔父さんや叔母さんたちが協力してくれるかもしれません。
亡くなった親の遺品についても、子供のあなたよりもより詳しいこともあるかもしれません。

ただ、実家の片付けで叔父さん叔母さんの協力もあくまで実家の片付けのとっかかりと捉えてください。
叔父さんや叔母さんたちももう高齢なはずです。
そう何日も?何時間も?長くは居てくれません。
叔父さんや叔母さんが亡くなった兄弟の思い出話をしている間に、ささっと大事な物だけを選別しておくのです。

後は次の「遺品整理業者に丸投げ」でいいかもしれません。

一人っ子の実家の片付けは大変だから遺品整理業者に丸投げもおすすめ

実家の片付け 一人っ子 業者に任せる

実家の中の物にもう大切なものはない?
そんな状態ならば後の片付けは遺品整理業者に丸投げでもいいかもしれません。

合鍵のひとつを遺品整理業者に預けたり、実家のどこかに隠しおいておけば見積もりも可能です。

できれば、遺品整理の際には立ち会って大事なものが出てきた時に対応するのがベターです。
しかし
・一人っ子で遠くに住んでいる。
・一人っ子でまだ親を亡くし歌悲しみが癒えていない。

なら業者に丸投げしてもやむおえません。

実家の中の荷物は全部処分してください
そう依頼しても構いません。
あるいは
大事そうなものがあったらどこかに残しておいてください
と伝えておけば、実家の中のどこかに置いておいてくれるでしょう。
それを後から取捨選別すればいいだけです。
あれだけあった実家の中の荷物。
おどろくほど無くなっているはずです。

悪徳遺品整理業者に気を付けて

遺品賓整理業者の中にはやはり悪徳業者も少なくありません。
ですので、遺品整理業者を選ぶ際には、しっかりとそのあたりは見極めてください。


おすすめは信頼できる遺品整理業者紹介サイトの利用です。


\無料&効率的に遺品整理業者を探せる/
おすすめ遺品整理業者紹介サイト 【EMEAO!】



一人っ子は実家をどうする?そのまま売却しちゃえば?

実家 片付けないでそのまま売却

実家はもしかして築古のオンボロな家ではありませんか?
築30年以上も経っているのであれば、不動産的価値は評価できないのが現実です。

そんなオンボロな家であれば、次の買主は解体して建て直すことが多いでしょう。
それだけ古い家であれば今の生活ライフスタイルには合っていませんからね。

そんなオンボロな実家であれば「実家の片付けはせずにそのまま売却してしまう」というのも選択肢のひとつです。

そんなオンボロの実家を買うのは不動産業者(建売業者)二ことが多いです。
不動産業者(建売業者)はその実家を解体して更地にしてから販売用の家を新築して建売販売します。

プロの不動産業者からすれば残置物が残っていても、どうせ解体するのでその分安く買えればOKなのです。

確かに1円でも高く売りたいのであれば
古い家を解体すして更地にしてから売却
家の中のガラクタなどの残置物をキレイに片づけてから売却する
のがベターです。
でも、それができないのが一人っ子の辛いところです。

では今の実家を片付けはせずにそのまま売却するならいくらくらいなのか?
まずそのあたりをしっかりと見極めないといけません。
便利なのは不動産一括査定サイトの利用です。

一人子なので実家の片付けはできません。
 実家の中の残置物はそのままの状態だが、それでいくらになるのか?
と相談すれば、実家かの片付けはせずにそのままの状態での価格を査定してくれます。
実家の中を片付けない状態での売却は、一般エンドユーザーではなくプロの不動産業者(建売業者)が買主になることが想定されます。
ですので確かに安く買い叩かれる可能性はありますが、それでも辛い一人っ子の実家の片付けを考えればそれが得策とも考えられます。
まずは
実家を片付けないで売却できるのか?
その場合の価格は?

それだけでも調べておいて損はありません。

【片付けての売却値段と片づけないでの売却値段があまり変わらないこともある】
もし片付けて実家で売却も考えているなら片付け前に現状でのお値段も調べておきましょう。
意外と「片付けないで現状のままの売却値段」と「片付けての売却値段」がトータルではあまり変わらないこともあるからです。
その大きな理由に、購入者が建物建築と解体工事(片付け費用含む)を行うと割安な解体工事費になることも多いからです。
また特にプロの建売業者が買う場合の解体費用は一般の方よりもかなり安く解体できます。
築古でオンボロの実家の場合、プロの建売業者が買い取って新たに新築住宅を建てて販売することが少なくありません。
その場合、素人が依頼した解体費用より毎回何度も発注している建売業者でとても大きな差が出てきます。
このあたりの事情はご理解いただけると思います。、
また解体工事は最低でも軽く100万円以上のまとまった金額になり、その費用を誰が負担するのか?
これもよく兄弟でもめてしまうポイントでもあります。

\実家の売却価格を調べるのに超便利/
【イエウール】売却一括査定依頼サービス