粗大ゴミ 軽トラ width=

実家の片付けを始めようにも実家の中は足の踏み場もないゴミ屋敷状態ではありありませんか?
それではいったいどこから片付けを始めればいいのか?
路頭に迷ってしまいうます。

そこでおすすめなのが
まず最初に実家の粗大ゴミを軽トラをレンタルして自治体に持ち込み処分してもらう
というやり方です。
確かに自治体が実家の近にまで回収してくれますが、それには指定された日時に指定された場所も持っていかなければなりません。
そしてその量や種類も細かく指定制限されています。

実家の片付けはできるだけ兄弟全員みんなで協力し合って行うのがおすすめです。、
それには自治体の粗大ごみ回収の都合になんか合わせてはいられないのです。

そこで軽トラなどのレンタカーを使って自治体の処理場に持ち込んで処理してもらうことをおすすめします。
例えば大きな洋服ダンスや食器棚を数点でも処分できれば、ぐっとスペースが空きます。
その空きスペースが次の実家の片付けの作業スペースとして活用できてとても助かるのです。

軽トラのレンタカー料金も利用時間niにもよりますがおそらく1万円弱で借りることが可能だと思います。
参考:全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」


実家の粗大ゴミは最初に数点でも軽トラをレンタルして自治体の処理場に持ち込めば後の片付けがグッと楽になる

実家 片付け スぺース

実家の片付けで最終的には専門の片付け業者に依頼するにしないにしろ、まずは最初に数点でも軽トラをレンタルして粗大ごみを自治体の処理場も持ち込み処理してもらうことはいかがでしょうか?
なぜならば
たとえ数点でも粗大ごみが無くなれば、グッと空きスペースが確保できるのです。

実家の片付けで作業スペースや保管スペースができると作業がはかどる

足の踏み場もないほどの散らかったご意味屋敷の状態では実家の片付けは遅々として進みません。
まずは、小さくてもいいので作業スペースやとりあえずの保管スペースがあると自㏍の合片付けがどれだけ助かることか・・・
これは実家の片付けを経験仕方らならわかるはずです。

後から後からどんどん出てくるゴミ
それをゴミ袋にまとめ上げていってもその置き場所に困ってしまいます。
また「残すもの」「捨てるもの」の分別もとても大変です。
他の兄弟たちの意見や考えも聞かなければなりません。
そこで、「捨てるか?」「捨てないか?」m、あ酔う物の置き場所の確保も大事です。

そのためにも、たとえ
一棹(さお)に棹(さお)でもタンスが無くなったら
台所の大きな食器棚がなくなったのなら
どれだけ後の作業が楽になるかはお分かりいただけるかと思います。

粗大ゴミを軽トラで自治体の処理場に持ち込むには男手も必要

粗大ごみ 軽トラ 積み込み

実家の片付けで粗大ゴミを自治体指定の処理場に持ち込むには
・軽トラックまたは大きめのワゴン
・男手
が必要になります。
自治体指定の処理場に持ち込めば終わりという訳には行きまsね。
解体、積み込み、積み下ろしは自治体の人は手伝ってはくれません。
すべて自分たちで行うのが原則です。

粗大ゴミを持ち込めば費用は格段に安く済むことが多い

実家の片付けで出る粗大ゴミのを自治体指定の処理場に持ち込んでも費用は必要になります。
ただし民間サービスに依頼するよりも格段に安いので最大限利用すべきだと思います。

ただ1回に引き取ってもらえる点数や、1年に引き取ってもらえる回数が制限されている場合もあります。
また、自治体の処理場は基本的には役所と同じ営業時間の場合もあり、週末などは持ち地込めない処理センターもあります。

ですから、実家が遠方にある場合は「週末を利用して帰省潮てて片付ける」ということがかもしいかもしれません。
そのあたりは各自治体のホームページを確認しておいてください

大阪府堺市の例



堺市クリーンセンター清掃工場への持ち込み(有料)

実家の片付けの粗大ごみ処理の体験談

粗大ごみを自治体の処理場に持ち込む方は少なくありません。

古い家電や家具を粗大ゴミとして持ち込みました。
費用は3万円弱補とかかりました。

大きい家具は、ばらしたり、小さく切ったりして師の処分場に運びました。
一日に大型車で三回も運んだことがありました。

実家には膨大な荷物があり、同片付けて行こうかと頭を悩ませました。
知り合いの軽トラックを借りて何度も小k弱センター0へと運びました。
大変だったのは物置の中の荷物をその解体でした、
鉄くずやブロックなどの処分は市では不可だったので最後は専門業者に依頼しました。

電話で予約を取り、師のゴミ処理場に通いました。
粗大ゴミのほかに45L入りのゴミ袋を80個程度も出てしまいました。
これらは、ある程度まとまった段階で随時持ち込んで処理鵜しました。
師で回収してくれない物もあり、最終的には民間業者に依頼しましたが、最後はなんとかトラック1台分におさまりました。