不用品回収 ぼったくり

不用品回収でぼったくられた」というトラブルって後を絶ちません。
もしぼったくられたのならば、すぐに消費者相談センダーや役所などの行政に相談するおとをおすすめします。
悪徳な不用品回収業者が最も恐れているのは消費者相談センターなどの行政だからです。
うまくいけば返金してもらえるかもしれません。
しかし、不用品回収業者にぼったくられない一番の対策は事前の業者選びをきちんと行うことです。


【不用品回収業者が暴露する!こんな悪徳業者にきをつけろ】

「不用品回収でぼったくられた!」というのはこんなケースが多い

不用品回収 ぼったくり

「不用品回収でぼったくられた」という野にはこんなケースがあります。
事前に知っていれば避けられますのでぜひ目を通してみてください。

不用品回収作業当日に追加金額を請求してくる

予めとった見積書には基本的な料金しか記載されていないことがあります。、
そして不用品回収当時になって追加のオプション料金を請求してくるケースがあります。
確かに時には追加料金の発生もあります。
たとえば
ドアから出ないので解体は必要になったり
エレベーターがない
などの場合があるかm祖ひれません。
しかし、それは事前の見積もりの段階でわかっていることばかりです。
不用品回収業者が現地を確認してみ自摸入り書を出している場合はそれもおかしい話です。

トラック積み放題プランで追加請求された

不用品回収のやり方の中で「◎tトラック積み放題プラン」というものもあります。
しかし、同じトン数のトラックでも積み方によって積み込む量はかなり異なってきます。
わざとい積みきれないような積み込み方をして追加料金を請求してくるケースもあります。

見積もりをとっただけででキャンセル料を請求された

きとんとしている不用品回収業者なら「見積もり無料」とチラシやホームページで謳っているものです。
しかし、一部の悪徳不用品回収業者で見積もりをp盗っただけで、キャンセル料を請求してくるトラブルもあります。
正式に依頼していないのであればキャンセル料を支払う必要はありません。

きとんとした不用品回収費用の見積もりを事前に出してくれない

「◎◎万円くらいです」
そんな口頭での不用品回収費用の説明だけをしておいて、作業後に法外な請求をしてくる会社もあります。

特に不用品回収を急いでいる場合、「即日対応」の謳い文句に気を奪われて後でトラブルになるるケースもよくあるので気を付けてください。

悪徳不用品回収業者にぼったくられないために

不用品回収業者 ぼったくり

では悪徳不用品回収業者にぼったくられないためにはどうすればいいのでしょうか?
それは、まっとうな不用品回収業を選ぶしか方法はありません。

不用品回収料金の安さだけで選ばない

多くの不用品回収業者のぼったくりの手口は
「格安」「無料」
を謳ってお客を集めて、後で高額な追加料金を請求するやり方が多いです。

不用品の処分の費用はどの不用品回収業者もほぼい同じ費用がかかります。

もし、あまりにも安い不用品回収料金の業者はきっとどこかにそのの不用品を不法投棄している可能性もあります。
今はといにかく捨てることにお金がかかる時代なのです。

一般廃棄物収集運搬許可が無ければモグリの業者

不用品回収には必要な許認可として「一般廃棄物収集許可」が必須です。
しかし、この許可をとらずに「不用品回収業」を営んでいる会社もたくさんあるのでご注意ください。



不用品の処分にはそれなりの費用がかかるのはしかたのないこと

「1円でも安く不用品の処分をしたい」
その気持ちも痛いほどわかるのですが、そこが悪徳不用品回収業者のつけいるスキにもなります。
不用品回収はs適切な料金でやってくれる適切な業者に依頼することをおすすめします。

できれば、こちらの「ゴミ屋敷バスター七福神」などのある程度の大手の不用品回収業者がおすすめです。

\相談・見積もり無料|大規模・小規模のゴミ屋敷をスピード清掃/
ゴミ屋敷バスター七福神 公式ホームページはこちら

不用品回収業者にぼったくられたら返金はしてもらるのか?

不用品回収 ぼったくり 返金

チラシやネットで調べて、
「さすかったらから」
「良さそうな業者に思えたから」
そんな軽い気持ちで不用品回収を依頼したらボッタクられてしまった。

悪徳不用品回収業者にぼったくられた時になんとか返金してもらいう方法はないのでしょうか?

支払い済みの料金の返金は簡単ではない

残念ながら、いったん支払ってしまった不用品回収の料金を返金させるのは簡単ではありません。

しかし、どうしてみなさんぼったくりと分かっていても料金を支払ってしまうのでしょうか?

それは
急ぐ事情があって不用品回収の日程を変えれないから
いきなり高額請求されて訳が分からずsh字払てしまったから
かもしれません。

ですから不用品回収の当日は
女性一人だけや高齢者だけで対応しない
ことも大切です。

消費者生活センターに相談する

消費者生活センターでは不用品回収のトラブルが多いことに警鐘を鳴らしています。


海千山千の悪徳不用品回収業者にに一般の人がなにを言っても「のれんに腕押し」でのらりくらりと逃げるものです、
金額的に大きな場合であれば弁護士に相談するのよいかもしれませんが、多くの場合はそこまでする金額でもないことが多いです。
まずは国民生活相談センターに相談してみるもお勧めです。