田舎の実家

「田舎の実家だけ相続放棄すればいいい」という自分勝手な相続放棄はできません。

遺産相続とは、
欲しい遺産もいらない遺産もすべてひっくるめて相続するか?
欲しい遺産があっても諦めてすべて相続放棄するか?
の二者択一なんです。
ですからもし親に他の遺産があるとすると、それを相続するためには「いらない田舎の実家」も相続しなくてはならないのです。

ですから他に相続したい遺産がある場合は、田舎の実家がいらないのなら実家の売却は避けられません。

親がなにか大きな病気でもした時にぜひ田舎の実家のことを話しあっておいてください。

悩む長男悩む長男

「もしも親父たちになにかあったらこの実家をどうする?」

困る次男困る次男

「誰もこんな田舎の家なんて相続したくないんじゃないか?」

田舎の実家だけ相続放棄ができないのですから、しっかりと対策と準備はしておかなくてはいけません。

いらない田舎の実家だけ相続放棄すればいい!は通用しない

田舎 実家 相続放棄

亡くなった親が住んでいた田舎の実家。
「し誰も住まないからいらない」といって、その実家だけ相続放棄することはできません。
さらに相続放棄は相続発生がら3か月位以内に家庭裁判所に相続放棄の手続きをしなければなりません。
「相続するか?」「相続放棄するか?」あまり考えている時間はないのです。

いらない田舎の実家だけ相続放棄すればいい!は通用しないから売却の準備は大事

それほどお金持ちではなくても、親にはいくらかの財産はあるはずです。

もちろん子供からすれば現預金なら喉から手が出るくらい欲しいはず。
しかし、これがいらない田舎の実家となると半間氏は別です。

都会に住んでいる子供からすれば、田舎の実家を相続なんてしたくはありません。

意外と売却が難しい田舎の実家

「いくら家がオンボロだろうと土地がついているんだから売れないことはない!」
もしかしたら、あなたはそんな安易に考えを持っているかもしれません。
でも、タダでも売れない実家ってたくさんあるんです。

田舎なので売買マーケットが成立していない

少しでもへんぴな場所にある田舎の実家。
まわりは空家だらけではありませんか?

そんな田舎の実家のエリアではそもそも売買マーケットが成立していないこともあります。
買いたい人、欲しい人がいなければ値段はつきません。

都心部でも売れない実家はたくさんある

田舎だけじゃなく都市部でも売れない?売りにくい?実家はたくさんあります。
例えば
・違法建築(いまの建築基準法に適合していない)
・連棟長屋
・無道路地(再建築不可)
・借地権付き建物
などがあります。

古い実家では建築申請と現場がまったく一致していないということもよくあります。
建築基準法で定められている建蔽率や容積率を守っていないことも珍しくないのです。
特に狭小地(土地が45㎡以下)のならばおそらく違法建築の可能性が高いです。
普通の用途地域で45~50㎡以下の土地で建築基準法を順守して家らしい家は建ちません。

そして無道路地に建っている家。
人や車が通れても、建築基準法上は道路として認められていない場合は、新たに建物を建て替えることはできないのです。
実家の前の道が舗装されていない場合(あるいはボコボコのアスファルト舗装)はその疑いがあるので気を付けてください。

それ以外にも「連棟長屋」「借地権付き建物」は売却が難しいことがよくあります。
なぜなら、田舎の実家がこれらに該当する場合は基本的に住宅ローンがつかないからです。
住宅ローンがつかない物件はかなり売却が難しいのです。

このあたりは素人にはわかりにくいものです。
一度 査定に出してプロの意見も参考にするのもいいかもしれません。

\実家の売却価格を調べるのに超便利/
【イエウール】売却一括査定依頼サービス

いらない田舎の実家を相続放棄したいのならそれなりの準備も必要

相続放棄 親子 話し合い

相続放棄はプラスの財産もマイナスの財産もひっくるめて放棄することです。
ですから、少なくともトータルでマイナスでないとそんなことになります。

田舎の実家を売却ができない?(または大変である)ことを考えたら、相続が発生する前にできるだけ親の遺産を減らしておく必要があります。
ですので、親の老後や介護にかかるお金はできるだけ親のお金を使っておくほうがよいともいえます。

また、このあたりはしっかりと親と話し合っておく必要もあります。

しかし、現実的にこれはかなり難しいといわざるいおえません。

いらない田舎の実家の相続放棄を考えているなら売却処分の準備も大事

実際には「田舎の実家だけ相続放棄したい」というのがかなり難しいことはわかっていただけたでしょうか?
ですから
誰も住まない
誰もいらない
そんな田舎の実家なら売却処分は避けては通れない道です。

しかし、田舎の実家を売却するには時間や手間ががかかることは覚悟しておかなければなりません。

そのためには
・兄弟姉妹で田舎の直をどうするか?話し合っておく
・実家の売却相場を知らb寝ておく
・実家の売却活動はできるだえk早くから進めておく
ことがおすすめです。

まずは
田舎の実家は売れるのか?
売れるとしたらそれはいくら?

を調べることから始めてみてはいかがでしょうか?

\実家の売却価格を調べるのに超便利/
【イエウール】売却一括査定依頼サービス