実家 相続 価格
実家の相続でもめているのはあなただけではありません。
その大きな原因は「相続した実家の価格」を調べていないからです。

みなさん実家の価格を過大評価しがちです。

「親が◎千万円で買ったと聞いている」
「大手ハウスメーカーで建てた注文住宅だから!」

でも実際にはそんなあなたが思っているほどの価値は実家にはない!
つまり売却した時の価格はそんなに高くはないのです。

親がその実家を購入したのは昭和の終わりから平成に入ったくらいのバブル真っ盛りの時期ではないですか?
建物は古くなると価値は下がります。(築30年前後で査定額はゼロです)

相続した今の実家の価格が分かれば遺産分割の話し合いはとてもスムーズに進んでいきます。

しかし、相続した実家の価格がわからないから
「この実家に兄貴たち家族が住むという相続は納得できない!」
「実家の売却に反対する弟や妹たちを説得できない]
ということになるのです。

相続した実家に誰かが住む?価格も安けりゃそれも許せる

相続 実家 兄弟が住む

「相続した実家に兄弟の誰かが住みたいと言い出した・・・」

それを聞いたあなたはどう思いますか?

「その実家に住むことになれば名義もその兄弟にすることになる。
 それって不公平な遺産文分割になるんじゃないか?」

きっとそう感じるかもしれません。

でも、相続した実家?の価格がわかっていれば、意外とすんなりそれを許せることもできます。

「えぇぇ!今の実家の価格てそんなに低いのぉ!
 まあ、こっちは親の介護にそんなに手伝いはできなかったのも事実。
 実家の代わりにこっちは余分に◎百万円くらい貰うということで手を打つか」

相続した実家の価格が1000万円ちょっとという現実を突きつけられれば、そんな判断もできます。

相続した実家を売却してお金で分けるなら価格を具体的に提示すればみんな納得

相続 実家 お金 分ける

実家の売却で、よくもめるのが他の兄弟たちの反対です。

相続した実家の売却は相続人全員の了承が無ければできません。
誰かひとりでも反対したら実家の売却はできないんです。

外に嫁いだ妹外に嫁いだ妹

「兄さん、あの実家を売却するなんて信じられない!
 お父さんやお母さんが亡くなったことが悲しくないの?」

困る次男困る次男

「兄貴からの実家の売却話
 なんか裏があるかも・・・
 このまま進めてもいいもんだろうか?」

相続した実家の売却話を他の兄弟姉妹に持ちかけた時にはどうしてもそんな色眼鏡でみられてしまうのは仕方ありません。

それを避けるには
相続した実家の価格を提示してより具体的に説明する
ことが大事です。

電話する長男電話する長男

「じつはあの相続した実家の価格
 調べてみたら1800万円くらいらしい。
 俺は長男だし、親の面倒でいろいろ見えないお金も出費してきたんだ。
 それにこれからの墓守や法事もある。
 それに介護でいろいろ頑張ってくれた嫁の手前もある。
 そこで
 長男の俺が800万円
 次男と妹のお前たちは500万円ずつ
 そんな分け方を考えているんだがどうだ?」

登場人物B実家の売却に賛成する弟

「それでいいんじゃない!
 早速 実家の片付けに近いうちに行くわ!

登場人物B

OK!

それくらいお金の力はすごいのです!

相続した実家の価格を調べるのにおすすめは「イエウール」さんです。
簡単な入力ですぐに実家の閣下うがわかります。

\実家の売却価格を調べるのに超便利/
【イエウール】売却一括査定依頼サービス

相続した実家の価格は「相続税評価額」と「実勢価格」では大きく異なる

相続した実家の価格
相続した実家の価格には2通りの見方があります。
それは
・相続税法上の評価価額
・売却した場合ン歩実勢価格
です。

相続した実家の相続税評価額は?

相続税法上の実家の評価額は
・土地は路線価
・建物は固定資産評価額
です。

これは簡単に調べることができます。

土地の路線価は国税庁のホームページで公開されています。

建物の固定資産評価額は役所に行けば評価証明書を入手できます。
※念のため、相続人であることを証明する書類(戸籍謄本など)を持参したほうがいいかもしれません。

相続した実家の実勢価格は?

ひとつは不動産のポータルサイトで概算の相場を調べることはできます。

大手不動産ポータルサイト
・スーモ
・アットホーム
・ホームズ
あたりが有名です。
これらの中から近隣の競合物件から概ねの相場価格を知らんべることができます。

しかし、それを鵜呑みにはできないことも多いのでご注意ください。

あくまで公開されているのは売主希望価格です。
実際の売買においては値引き交渉が入ることがほとんどです。

また、時に土地や戸建ての場合は個別的事情が大きく影響します。

土地ならば
・用途地域
・前面道路の幅
・角地
・近隣施設

戸建てならば
・間取り
・築年数
・修繕履歴

マンションならば
・リフォーム履歴
・耐震基準

不動産の実勢価格はやはりプロの不動産会社の査定を受けるのが確実です。

\実家の売却価格を調べるのに超便利/
【イエウール】売却一括査定依頼サービス

相続した実家の「相続税評価額」と「実勢価格」異なることも多い

ここで相続した実家の価格で悩ましいのが
相続税評価額と「実勢価格が大きく異なる場合がある
ということなんです。

だいたいの場合は
相続税評価額(低い)<実勢価格(高い)
というケースが多いです。

ただ、今では
相続税評価額(同程度)=実勢価格(同程度)
相続税評価額(高い)<実勢価格(低い)
というケースも少なくありません。

それが特に地方など田舎の実家の場合が多いです。