解体 片付け どこまで

実家の解体するのは
子供の誰かが実家を取り壊して建て替える場合
実家の売却を射する場合
があります。
そこで頭の痛いのが実家の片付けです。
実家の片付けって、とても大変です。

「どうせ建物ごとぶっ壊すんだから片付けなんかしなくていいじゃないの?

そう考える方も少なくないのですが、現実はそうは問屋が卸さないのです。

実家の片付けなんかしないでそのままでも解体はできるのですが、そうすると解体費用がグッと割高になるのです。
実家の解体前に片付けはやらなければなりません。

その理由は実家を解体した時の残骸の処理費用なのです。
キチンと仕分けされたゴミに比べて、ごちゃ混ぜになってしまっているゴミは産業廃棄物で一番高い処理費用が掛かるのです。

解体は片付けてからでないとできない

実家の解体で片付けはどこまでやる?


空き家の実家を解体することが決まったら、まずは片付けのことを考えましょう。
実家の解体で片付けはどこまで?
と質問されたら、
「できるだけがらんどうの状態にまでしてください。
とお答えせざる負えません。
なぜなら実家の家財道具を処分したのとしないでは、建物を解体した時の残骸ごみの種類が変わってしまうからです。

建物を解体した残骸ごみの種類は「産業廃棄物」でその処理費用はクソ高い

建物を解体した時に出る残骸ごみは「産業廃棄物」に分類されます。
ちなみにこの産業廃棄物の処理費用はかなり高くなってきています。

混合廃棄物で木くずや廃プラ、紙などにガラ・タイル・がれき類が混ざっている場合、1m3でなんと3万円~が相場です。

これがどれだけ高いのかというと

ごみガラ 一般的な業者の処理料金(m3)
純ガラ(無鉄) 1万2000円程度~
ごみガラ(ゴミ含あり)
※ミンチは別途
1万6000円程度~
解体系下ゴミ 3万円程度~

同じ建物の残骸物でも細かく分類できると

一般的な業者の処理料金(m3)
再生木くずのみ 5000円程度~
石膏ボード リサイクル可能なもの 1万2000円程度~

細かく分類すればするほどゴミ処理費用は安くなります。


実家の建物内に残したまま解体してしまうと
家財道具を一切合切トラックに積み込んでしまうので
産業廃棄物の混合廃棄物扱いになってしまいます。

混合廃棄物とは?

「混合廃棄物」とは、木片やガラス片、瓦くずなど、さまざまな材質のごみが土砂に混ざり込み、分別が困難になってしまった状態の廃棄物をいいます。
解体業界はこれらを「下ごみ」と呼んでいます。

家財道具など処理場まで運ぶ一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ解体業者もある

家財道具などの一般廃棄物を処理場まで運ぶのにも許認可が要ります。
これを「一般廃棄物収集運搬業」といいます。
この「一般廃棄物収集運搬業の許可」を持っている解体業者なら家財道具などの一般廃棄物を処理場まで運ぶことができます。

ただ、解体業者はあくまで解体業務がメインです。
ですので、そこまで細かい分別を期待するのは無理な場合があります。

【結論】実家の解体費用を抑えたいなら片付けはできるだけやる

家財道具などを自㏍なお建物内に残したままだと解体費用が割高になる理由がお分かりいただけたでしょうか?
ですので、可能な限り実家の建物内には荷物や家具などは残さないようにするおうがおすすめです。

しかし、室内には家具や家電、洋服などさまざまな物が残っていることでしょう。
行政でも不用品回収は行てくれていますが、費用や手間を考えればこんな風に遺品整理業者に頼むのもお勧めです。

高齢者や女性ならば重い家電や家具などを運びだすのも困難です。

空き家の実家の片付けは大変だから業者に任せた方が良い理由と費用の目安

実家の解体費用は誰が払う?兄弟で話し合う前にやることがある