実家 売却 近所 挨拶

親も亡くなり長らく空き家になっていた実家
その維持管理も大変なので思い切って売却することを兄弟で話し合って決めたかもしれません。
でも、そこで兄弟の中から
「ご近所さんには挨拶しなくていいのかな?」
という意見が上がった。
確かに親が生前にお世話になったのも事実。
でも、わざわざ挨拶にまで行く必要があるのか?
悩むところです。

結論から言えば
できることなら実家の売却でご近所さんい挨拶しておいたほうが良い
ともいえます。

その理由はというと

実家の売却でご近所に挨拶したほうが良い理由①買ってくれるかもいしれない

実家 売却 ご近所さん

実は中古住宅の一番のターゲットとなるお客さんはご近所さんなんです。
ですから
「早く」
「高く」
実家を売却したいのならご近所さんにも売却のことを知ってもらわなければなりません。

ただ今は我々不動産業界もインターネット全盛の時代です。
以前のようにチラシを「ポスティング」や「新聞折り込み」もやらなくなってしまいました。
そんなことから意外とご近所さんがあなたの実家の売却が知らないことって多いのです。
別に日頃から家を探しているわけではないので、不動産のポータルサイトなんか見ないですしね。

しかし、それが今の家のすぐ近所だったら話は違います。
昔から
「隣の土地は倍の値段を出しても買え!」
という格言もあるくらいです。

特に両隣や裏にお住まいの方なら、あなたの実家を購入することで
・間口が広くなる
・表通りに面することができる
・親や子供を呼び寄せられる
などメリットもあるからです。

実家の売却でご近所に挨拶したほうが良い理由②へそを曲げられたら大変なこともある

実家 売却 近所 トラブル
実家の売却でご近所さんも少なからず関係してきます。

それは土地の境界確認や越境物の問題です。

次の実家の買主には土地の境界のことも説明しておかないと後々トラブルにもなりかねません。
あるいは分泌するためにきちんと土地境界確認の書類を作成してお隣さんい実印で署名してもら和ないといけないケースも出てきます。

また意外と隣の軒先やクーラーの室外機などがこちらの土地に越境していることもあります。
そんな時には
「将来の建て替えの時には撤去します」
という「将来撤去の覚書」をお隣さんい署名捺印してもらわないと実家の売却に問題が出てくることもあります。

「売りに出ていたんだったたらウチが買ったのに・・・」
そんなことで実家の売却でご近所さんにヘソを曲げられたら困ることもでてきます。

とにかく実家の売却では、ご近所さんと良好な関係を築いて置くことはとても大切です。

実家の売却でご近所に挨拶したほうが良い理由③不安を取り除く


長らく空家で誰も出入りゾロゾロと出入りしだすとご近所さんも不安になります。

実家の売却の不動産業者や購入見込みのお客様が
「不審者かも?」
なんて警察に通報されても困ります。

実家の売却でご近所に挨拶したほうが良い理由④ 解体などで迷惑をかけるかもしれない

実家 売却 近所 迷惑
特に古いいオンボロな実家だと売却前にまず建物の解体をしなければいけないことあります。
解体工事は
・騒音
・ホコリ
・振動
などが伴います。
ご近所さんにもそれなりの迷惑をかけてしまうこともあります。

だから実家の売却ではご近所さんにまず挨拶しておいたほうが良い

実家の売却に際して
できることならご近所さんにはあいさつしておいたほうがいい
と思います。

どこまでがご近所さんなのか?
という子とも悩ましいですが、上記の4つに関係しそうな範囲で構わないと思います。
特に親が生前お世話になったご近所さんにはちょっとし手土産も持ってご挨拶しておいたほうが良いのではないでしょうか?


参考:実家売却の5つの手順