空き家 解体工事 補助金 京都

京都で解体工事をお考えならとりあえず行動して欲しいことが3つあります。
京都府の自治体で解体工事に関して補助金をしらべる
解体費用を融資する解体ローンを取り扱う銀行や信用金庫、信用組合を調べる
複数の解体業者から見積もりをとって適正な解体費用を調べる

ではひとつひとつ考えていきましょう。

京都の空き家の解体工事費用節約に使える自治体の補助金・助成金を利用する

京都府の解体工事補助金
京都府では各市町村から解体工事の補助金がもらえるところがたくさんあります。
例)京都市 老朽木造建築物除却事業 解体工事費用の2/3(上限60万円)
この自治体からの解体工事の補助金をうまく利用すれば自己負担分を軽減することができます。なお補助金は事前申請や募集期間・募集件数に制限がある場合もあります。

最近は空き家が社会問題化しています。
このため多くの自治体が空き家問題に台頭するためにさまざまな補助金・助成金制度を用意しているところもたくさんあります。残念ながら都道府県単位ではなく市町村単位で空き家解体費用の補助金・助成金が設置されているので調べるのも大変です。
空き家解体に関するものから空き家解体工事に付随するもの
さらにその金額も数万円程度から100万円単位のものまで様々です。
少しでも解体費用を安く抑えたいのならこのあたりの補助金・助成金はかなり助かります。
ただこのあたりは解体業者もよく知らないこともありますのでご自身で調べておく必要もあります。
解体を考えている空き家の地方自治体の補助金・助成金は必ず確認しておきましょう。

ただ、募集件数や募集条件も制限されていますので、今回解体工事を考えている空き家が該当するかどうか?も調べる必要もあります。
すでに受付を終了している場合もありますが次回の申請受付時期の確認など常に最新状況は把握しておきましょう。
ただ、一番の方法は直接役所に出向いて相談してみることをお勧めします。
空き家解体の補助金・助成金はさまざまな形があります。
また、今は整備中で後日に実施されることも多いからです。

京都府の各地方自治体の空き家解体などに関する補助助成金

各自治体も空き家解体に関し補助金・助成金の制度もあります。
すでに受付終了の場合もありますが常にチェックしておいてください。
なお解体施工前に申請手続きが必要なのでご注意ください。


【解体しての売却値段と解体しない売却値段があまり変わらないこともある】
もし解体する実家で売却も考えているなら解体前に現状でのお値段も調べておきましょう。
意外と「解体しないで現状のままの売却値段」と「解体しての更地にしての売却値段」がトータルではあまり変わらないこともあるからです。
その大きな理由に、購入者が建物建築と解体工事を行うと割安な解体工事費になることも多いからです。
また特にプロの建売業者が買う場合の解体費用は一般の方よりもかなり安く解体できます。
築古でオンボロの実家の場合、プロの建売業者が買い取って新たに新築住宅を建てて販売することが少なくありません。
その場合、素人が依頼した解体費用より毎回何度も発注している建売業者でとても大きな差が出てきます。
このあたりの事情はご理解いただけると思います。、
また解体工事は最低でも軽く100万円以上のまとまった金額になり、その費用を誰が負担するのか?
これもよく兄弟でもめてしまうポイントでもあります。

\実家の売却価格を調べるのに超便利/
【イエウール】売却一括査定依頼サービス



まずは解体工事の見積もりから始めましょう
おすすめ解体工事一括見積サイト

京都で建物解体ローン取り扱う金融機関


京都地方でで空き家の解体ローンを取り扱う金融機関は地銀・信用金庫・信用組合が多いです。
これらの金融機関には融資できる営業エリアに制限もあります。
物件のある地域の金融機関を探してみてください。

解体工事の補助金申請や解体ローンを申し込むにはまず空き家の解体費用の見積もりが必要です

解体施工業者解体施工業者

空き家の解体工事は
どこに依頼すればいいのかわからない
適正な価格帯がわからない
など不安がいっぱいだとおもいます。
さらに私はたとえ解体業者がお知り合いにいても、あえて他の建物解体業者の相見積もりを取ることもお勧めしています。
なぜなら建築業界は
『元請け』⇒『下請け』→『孫請け』
と中間マージンの鞘抜きが横行しているのも珍しくないからです。また知り合いの解体業者だからこそ値引き交渉もやり難いものです。
客観的かつ適正な解体費用価格には公正に複数の解体業者の見積もりをとることをお勧めします。
安心で実績のある解体業者紹介サイトもご紹介しておきます。



おすすめ解体業者一括見積サイト

\安くて良心的な解体業者を探すなら/
クラッソーネ 公式サイト